アメリカの旅  UNITED STATES OF AMERICA
                                              English Vesion

 New York 1999(2)
 New York1983
 New York1982
 New York 1981(1) 
 New York 1981(2)
 Washington  1999
 Washington  1983
 Washington  1982
 Washington  1981
 Philadelphia1983(1)
 Philadelphia1983(2)
 Philadelphia1982
 Philadelphia1981
San Francisco1985(1)
San Francisco1985(2)
San Francisco1981(1)
San Francisco1981(2)
San Francisco1981(3)
 A lexandria 1999
 Anchorage 1981
 Baltmore 1982
 Chicago 1982
 Columbus1989(1)
 Columbus1989(2)
 Columbus1987(1)
 Columbus1987(2)
 Columbus1987(3)
Guam1984 NEW    
Guam 1984 (2) NEW
Hawaii 2008 (1) 
Hawaii 2008 (2) 
Hawaii 2008 (3)  
    
   
1999年6月







画面下の表示は左から[更垉の冒頭に戻る ▲好薀ぅ疋轡隋爾鮑得検´コメントを表示 ぅ汽爛優ぅ襪鯢充

 


この年アメリカへ初めての観光旅行。『快
適の翼全日空で行く至れり尽せりアメリ
カ東海岸周遊8日間
』と言う近ツリのツア
ーに参加。このツアー名のせいかとても
応募者が多く我々のグループは実に41
名の大所帯。6月18日(金曜日) NH10
便。30分遅れで午前11時成田発。NY ジ
ョン・F・ケネディ空港には同日午前10半
定刻到着。12時間のフライト。ヨーロッパ便
と違って午前中に着くのでその場から即観
光スタート。それだけに飛行機で眠れない
私にはチョッときついスケジュールになる。
  


(NY Pier 17)




  



(Queensboro Bridge & East River)

現地ガイドも合流して空港からバスでマンハッタン島へ向かう。最初の訪問地はサウス・スト
リート・シーポートへ。アメリカには実に10年ぶりであるがNYは16年ぶりになる。観光は
初めてのためバスを降りて歩いたピア17も初めて。イースト・リバーに架かるブルックリン
橋を撮る。

                                                  

ピア17を北に向けて国連ビルへ。本部ビル内に入るのは初
めてだが、一階のロビーの一部に入場出来ただけである。
本部ビルのすぐ裏はやはりイースト・リバーが流れておりクイ
―ンズボロ橋を望む。初夏の陽射しは強く眩しいほどのNY。

この年はNYの同時多発テロの2年前にあたりまだ極めて平
穏であった。当時は新しいNY市長のもと危険なニューヨー
クの汚名も消えてきていた。私の知っている80年代前半の
NYでは地下鉄の車両にはことごとく落書きで埋め尽くされて
いたが。



(The United  Nations Headquarters)   


         

                                   


(Metropolitan Museum of Art  武具の間)
 ランチの後はメトロポリタン美術館訪問。セント
  ラルパークの中央東側の5番街に面した立派
  なビル。丁度『セザンヌからゴッホへ』『アッシジ
  聖フランシス秘宝展』 などの大きな垂れ幕が
  下がっている。

  歴史の浅いアメリカではあるが1872年(日本
  では明治5年)にオープンしている。20世紀に
  入ってからはロックフェラーやモルガンなどの
  アメリカの富豪の協力をえてコレクションも充実
  した。今やイギリスの大英博物館、フランスの
  ルーブル美術館と並ぶ美術館である。 


  

 館内でフリータイムになってもさて何処から見て
 回るかいささか戸惑う広さ。絵画にしろ彫刻に
 しろあらかじめ見学のポイントを絞っておくのが
 効率的かもしれない。私のように行き当たりば
 ったりでは多分印象も散漫に終わる。

 私自身はアフリカの土俗的な彫刻やヨーロッパ
 中世の甲冑や刀剣に気をとられていた。そして
 唯一承知していた現代彫刻のある5階の屋上
 ルーフ・ガーデンに向かった。マンハッタン島の
 林立するビルが一望できる。
 


    (The Roof Garden of Museum)

  
夕食はバスで又南に下りチャイナ・タウンへ。中華レスト
   ラ
に入る。焼きそば,エビチリ,ブロッコリーなどの6品。
  ご飯は長い米で炊き方は硬く美味くない。バドワイザー
  の小壜で$3.50。

   隣の席でデザートのとり皿を欲しがるおばさんに、私は
   咄嗟に中国人のボーイに声を掛けてそれぞれのとり皿
   を依頼する。ツアーに一人参加の正体不明のおじさんが
   突然ボーイに英語で注文をつけるのに二人のおばさん
   に妙に感心される。

   夕食の後はエンパイヤ―・ステート・ビルからのNYの夜
   景見学。普通は102階の屋上からの夜景だが今は工
   事中で85階からの展望になる。大変な人の見学客で三
   脚を使っての撮影はとても無理。手すりに出来るだけカ
   メラを固定するようにしてシャッターを切ったが、撮影時
   間が長くチョッと難しい。上り下りともエレベーターは大変
   な人の列。NYの定番コースはいまだに充分集客力があ
       ることに感心する。         (Restaurant in China Town)

  

 アメリカ初日のホテルはNYマンハッタン島ではなくハドソン川を渡って隣のニュージャージー
 州へ移動。すでに10時は回っている。丁度ヤンキー・スタジアムの試合が終わった処で我々
 のバスは渋滞に巻き込まれる。1時間以上もかかってやっと11時にホテルに到着。

 ツアー初日からなんと無謀なスケジュール。ましてシニアが多い今回のツアー。これは参加
 希望者の救済と言えば聞こえが良いが、定員枠後も急遽逆周りコースを設定したツケであ
 る。 本来は今日は最後の日のコースであった。


   へ戻る